手の遅いモデラーの作業日誌等々

原子力発電という技術

久しぶりの日記です
最近ちょっと思った事を書きます

最近色んなところで「原子力発電反対!」みたいな話を見たり聞いたりするようになりました

東北地方で大きな地震があり、その影響で福島原発がとても危険な状態になったからこういった反応は当然だと思う

でも、あえて言いたい

「原子力発電は安全な技術です」

反対意見はとても多いと思う
「現状見えてないのかよ」とか「実際原発事故起きてるじゃん」といった意見も当然あると思う
でも希望を含めて、原子力発電は技術的には安全であると言いたい

僕は科学者ではないので全ての批判に対して十分な答えは持っていません
あくまで、これまで僕が得た知識をもとに勝手なことを書き綴っているだけです

ガイア理論の提唱者であり大気学者であるジェームス・ラブロック氏は
原子力発電は火力発電に比べCO2排出量が極めて少ないクリーンで地球にとって優しいエネルギーだと言っていました
データソースはありません
以前僕が編集させていただいた番組で本人がおっしゃっていたことです
これはまさしくその通りだと思います
地球環境を考え、なおかつ安定的に電力を供給するにはもはや原子力発電なしには考えられません
現在日本の消費電力のうち30%が原子力発電によってまかなわれています
そんな社会で原子力発電による電力供給を止めてしまったら計画停電どころでは済まなくなるでしょう

まぁ、これが安全な技術の裏付けにはなりませんが、少なくとも地球にとっては本来安全な技術ですし、
発電技術としても世界各国で実用化されている時点で、きちんと確立された技術であると思います
(希望を含みます)

じゃあなんで今回の事故は起きたのかと思うでしょう

あの事故は突き詰めれば人災だと思うのです
よく「想定外の大地震」という言葉を聞きますがこれこそがそもそもの間違いなのです
環太平洋では以前からM9クラスの地震は起きてますし、日本でも平安時代に「貞観の大地震」というものがあって、この時も海から3~4km離れた地点まで達する大津波が起きたという記録があります
少なくとも有史に記録が残っている事を「想定外」と呼ぶのは甚だ疑問です
今回の地震や事故は「想定できなかった」のではなく「想定しなかった」のです
記録があるにもかかわらず、想像できないから「想定しない」のは怠惰や驕り以外の何物でもない
想像を裏切った自然が悪いのか、いや悪いのは想像しなかった人間でしょう

想定震度や被害を大きくすればそれだけ建設コストがかさみます
様々な利権や言い分が重なった結果、適当な落とし所を決めて建設した結果が今回の事故であり、
また日本の原発全てに言えることなのです

「100年に一度来るか来ないか判らないものに予算はかけられない」と言ってた人がいましたね
そういう人たちが今回のような事故を引き起こすんです

原子力発電は危険な技術ではありません
そこに集まってお金儲けを考えてるやつらが危険にしているんです
原子力発電所なんて一度作ればその後はほぼ恒久的に収入が見込めるものなんだから、
最初に建設費ケチって住民の安全をないがしろにするとかあったらダメなんです!


なんだかまとまりがなくなってしまいましたが、最近感じたことを書いてみました
反対意見もきっとあるでしょうが、僕は何の専門知識もないので多分何も言い返すことはできないと思います
だから、優しくしてね(ハート)


P.S.
僕の実家は某原子力発電所の真北にあります(ガクブル)
しかも日本で最も巨大地震が起きる可能性が高い県だとか....(ガクガクブルブル)
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/03/30(水) 02:23:05|
  2. まぁまぁ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ありぃ

Author:ありぃ
関西でテレビ番組などの編集とかしながらプラモデルなんかを作ってます。

今更DJ始めました。
たまにイベントしてます。

さらに今更某アイドルにハマってしまいました。

結婚は遠のくばかりです。

ツイッターやってます。
Aree_Ash(ありぃ◢ )

よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

広告